1999年に世界初と言われているインターカジノが運営開始しました。インターネット普及後、ごく少数のゲームマニア、ネットマニなどの間でオンラインカジノを遊ぶ人がいました。その頃にはクレジットカードに慣れていた一部のプレイヤー、海外送金などに詳しいプレイヤー、また知頭が良く留学経験のある人で英語が理解できる方などがプレイを始めました。社会から見れば、位の高い人がオンラインカジノをプレイしていたとみられています。

2008年から、日本市場の獲得失敗にオンラインカジノの運営は、パチンコ、パチスロ市場の縮小から、本格的に日本語対応を済ませて日本市場獲得に乗り出し始めました。前まではパチンコ、パチスロが回収していた20兆円程度の市場が余っているので、オンラインカジノの運営側の思惑も分かります。ラスベガス20年ほどの資金が日本市場では1年で稼げる可能性があるのです。

オンラインカジノ普及転換期の2010年頃、ある程度日本市場にも対応可能な日本語スタッフを集めて、日本語化したサイトにより日本市場に受け入れられるような市場ができました。

そして、オンラインカジノは2010年頃であはあまり知られていませんでしたが、2015年現在では知名度も上がってきました。プレイヤー数もベラジョンカジノの登場により、大幅に増えました。ベラジョンカジノが、日本のカジノ市場を盛り上げたといってもいいでしょう。

これからは、日本市場が注目されていくでしょう。かなり巨大な価値を持つ市場が日本のオンラインカジノです。パチスロの消費が半分より下の20兆円程度ですが、パチスロから離れた人々は、魅力的のあるギャンブルがなくなったことで、ギャンブルを辞めたと言う方もいると思われます。オンラインカジノはパチスロから離れた人がターゲットです。

そして市場には最大で20兆円、少なく見積もっても10兆円程度の規模があると言っても良いでしょう。また、パチスロを現在プレイしている方がオンラインカジノに移ってくると言うこともあり得ます。これから期待が高まっていくばかりです。

実際に今ニュースなどでパチンコ店舗が年々減っているということもよく報道されています。そのことからもわかるように今社会の取締や目などもあって、今後パチンコや競馬、競輪などのリアルなギャンブルは減っていくかもしれません。

そうすると家でネットさえあれば簡単にできるカジノで、しかもかけ制限やクレジットカードなどで簡単に決済できてしまうオンラインカジノは今後もユーザー数を伸ばし続けるでしょう

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*